Now Loading...

Now Loading...

道の駅夕陽が丘そとめ

  • トップページ
  • アクセス・施設情報
  • 物産販売所
  • お食事処のご案内
  • 特産品のご紹介
  • 観光スポット
長崎の教会群とキリスト教関連遺産

長崎の教会群と
キリスト教関連遺産

キリスト教の伝播と苦難、そして復活。
信じる“心”が形になり、今につながる。

長崎県西部海岸沿いと五島列島の島々に点在する「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」。250年にもわたる長い弾圧の歴史的背景の中、日本的な生活環境、自然環境及び民族的習慣に独自の形態で順応した宗教的・文化的伝統が形成され、農漁業集落と一体になった景観が保存されています。16世紀の伝播と普及、17~19世紀前半の禁教時代の潜伏、19世紀半ばの解禁に伴う復活という3つの段階からなる「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は、西洋文化との遭遇の中で生じた、日本におけるキリスト教の伝播と浸透のプロセスを示す代表的な事例です。これらをキリスト教の伝播を示す「城跡」、禁教時代の独特の文化的伝統が形成された「集落」、そして復活により各地の集落に建てられた「教会建築」の3分野に分類される14の資産が今に伝えています。

14の資産が語るキリスト教の伝播と浸透のプロセス

キリスト教の伝播と浸透プロセス 構成資産候補
 
16世紀におけるキリスト教の日本への伝播及び日本国内での普及の時代   ① 日野江城跡 南島原市
  ② 原城跡 南島原市
 
信徒が密かに信仰を継承した1614年「禁教令」発布以降の潜伏の時代   ③ 平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳) 平戸市
  ④ 平戸の聖地と集落(中江ノ島) 平戸市
  ⑤ 天草の﨑津集落 天草市
  ⑥ 野崎島の野首・舟森集落跡 南島原市
 
19世紀半ばの禁教が解かれた後の復活の時代   ⑦ 大浦天主堂の関連施設 長崎市
  ⑧ 旧五輪教会堂 五島市
  ⑨ 出津教会堂と関連施設 長崎市
  出津教会堂と関連施設
  「出津教会堂と関連施設」の詳細を見る
  ⑩ 大野教会堂 長崎市
  大野教会堂
  「大野教会堂」の詳細を見る
  ⑪ 黒島天主堂 佐世保市
  ⑫ 田平天主堂 平戸市
  ⑬ 江上天主堂 五島市
  ⑭ 頭ヶ島天主堂 新上五島市

外海エリアの構成資産
禁教下におけるキリスト教信仰の継続と解禁後の復帰を示す教会

 

長崎市

出津教会堂と関連施設(長崎市西出津町)

長崎市の外海地域では禁教下においてもキリスト教信仰が組織的に継承されてきました。1873年のキリスト教解禁後に、ド・ロ神父の指導のもと、次々と建てられた出津教会堂(1882年)や 旧出津救助院(1883年)等は、禁教から教会復帰へと至る歴史的なプロセスを示す構成資産です。

出津教会堂 出津教会堂
出津教会堂

明治15年(1882)、ド・ロ神父の設計施工で建てられた教会で平成23年(2011)に国の重要文化財に指定されました。その後、明治24年(1891)に一部改築、同42年には玄関部を増築し、現在の教会の形になりました。外壁は煉瓦造り、玄関は石作り、内部は木造で、三廊式の漆喰塗り平天井となっており、屋根は瓦ぶきでとても低い。これは、海岸に面した風の強い立地条に配慮したものと考えられています。鐘楼の鐘は神父がフランスから取り寄せたもので、朝夕に美しい鐘の音を谷間一帯に響かせています。

旧出津救助院

旧出津救助院

ド・ロ神父が困窮を極める村人達を救うため、私財を投じて設立した明治初期の授産・福祉施設で、後に修道院へと発展しました。授産場、マカロニ工場、鰯網工場(現ド・ロ神父記念館)の3棟の建物が残り、国の重要文化財に指定されています。ここでは、織物やマカロニ、そうめん製造などの技術を教え、人々の自立を促しました。ド・ロ神父独自の工法で築かれた「ド・ロ壁」が延びるマカロニ工場は建物もさることながら、ド・ロ神父が多方面に渡って、外海の人々を支えてきた証として貴重なものです。

ド・ロ神父記念館ド・ロ神父記念館

ド・ロ神父記念館

深い人類愛の精神とすばらしいフロンティア精神をもって、外海地方の産業・社会福祉・土木・建築・医療・教育文化などに奉仕したフランス人宣教師マルク・マリー・ド・ロ神父の遺品を一堂に集めて、偉業、遺徳を永久に顕彰することを目的として昭和43年11月に設置しました。記念館の建物はド・ロ神父の設計施工により鰯網工場として明治18年に建設されたもので、昭和42年2月に県指定文化財となりました。建物の老朽化により平成11年度から3年間をかけて保存修理を実施し、創建時に近い形に修復すると同時に展示改修を行い平成14年5月13日に新たに開館しました。記念館の建物は、ド・ロ神父が創設した旧出津救助院の施設の一つとして、平成15年12月25日に国の重要文化財に指定されました。

 

長崎市

大野教会堂

大野は、1599(慶長4)年の平戸領主松浦氏の弾圧で長崎に亡命したキリシタン籠手田一族にゆかりあると伝えられる地。1893(明治26)年、信徒のためにド・ロ神父が設計し、私財を投じて信徒とともに石造りの教会堂を建てました。平成23年(2011)に国の重要文化財に指定されました。

大野教会堂大野教会のド・ロ壁

Point Description
大野教会堂のド・ロ壁

レンガ、漆喰、板壁。日本の初期の教会群の壁は様々ですが、大野教会の最大の特徴は教会を設計したド・ロ神父による世界で唯一のド・ロ壁。土地の赤土を水に溶かした濁液に石灰と砂をこねあわせ接着剤とし、それまでの石積工法をより丈夫に。地元の自然石で作っただけに地域色に優れ、色合いもどこか南欧風。素朴で温かな壁が大野教会の魅力を増しています。

その他の外海地区の観光スポットを見る
y[Wgbv